« 気になるSNS | トップページ | HOLUX GPSport 245 Sport GPS GR-245 GPSロガーについてその2 »

2009年7月13日 (月)

初心者がっ!富士山をっ!モクモク登るっ!

説明っ!

じつは土曜日から日本一を目指して頑張ってました!

日本一とはもちろん!おおぐい・・・じゃなくて富士山です!
ということで富士山に登山下山してきました
わざわざ下山まで書いた理由は・・・

最初に言うとすみません富士山様!正直舐めてました・・・
今日だけ一日二回富士様の方向かって土下座します
すんげーつらかったです・・・チャリ毎週乗ってるから余裕じゃね?っていいつつ登ってましたし・・・
すんげーつらかったです
もうのぼんねーよ!!!!

富士山の登山口は
富士宮口
河口湖口
須走口
御殿場口
がありますが

今回はというか今回以降はないですが!
須走口、静岡県側から登りました
富士吉田口と河口湖口が人気ルートで須走はそんな人気なくて空いてていいと思ったのと、車で登りたいってのがあったんですよ
それでも繁盛期(夏休みなど)はマイカー規制で公共機関しか使えないですから注意してください
車で2000メートルまで登れるんですよ、五合目ってヤツですね
車で3772メートル中2000メートルまで登るのかよ、こいつへたれじゃね?ってお思いでしょうが、そう思うならいっちょいって来い!
2000メートルでも駐車場に停めて体を慣らすため1時間くらい駐車場でぶらぶらしないとダメなんですよ
登る用意してましたが
2000メートルから見たらこんな感じです
P7114986001 P7114989002 

用意したものは

GTホーキンスの安い防水のやつです
[メレル] カメレオンラップミッドゴアテックス 86463
メレルが好きなのでこれくらいの買おうと思ったんですが一回しか使う気がないのであきらめました
レインウェア
上州屋で買った4000円くらいの・・・
やっぱ本気でいく場合は
THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) RaintexPlasma Mem's NP10911
これくらいは欲しいです
岩場に座ったり転んだりしたときに穴開いちゃったので4000円レベルは使い捨てですね
同行者は穴あかなかったって言ってました(ミズノのレインウェア)
鞄は
登山バッグで富士山なら容量20Lくらいでいいみたいなので
高校のときに買ったGTホーキンスの登山バッグで行きました
高山病対策に酸素の錠剤をもっていきましたが
同行者は
酸素缶もってきました
錠剤より缶の方が効果があったような気がします、プラシーボ?
あとは万歩計GPSロガーライトカメラ
GPSport 245 Sport GPS GR-245は12時間バッテリーってスペックですが今回14時間以上持ちました
ライトはブロンプトン用に買ったやつなんですが手持ちより
GENTOS LEDヘッドライト ヘッドウォーズ プロフェッショナル 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間/フォーカスコントロール機能】 HW-767H
みたいな頭につけるやつが絶対いいです、両手が開いてると楽です

ちなみにご来光といわれる富士山頂での日の出を見るために徹夜登山です
朝4時半までに山頂につかないとダメなんですよ
登ってる人は結構いました
ライトがないと本当に真っ暗です死にます!

5合目の次は6合目なんですが余裕だなぁ・・・チャリ乗ってるからな?とかいってました・・・ショウジキシニタイ
お約束のぽてちと自販機
P7114999003 P7115008005

そして月がきれいでした
P7115006004 

三脚もっていけばよかった持ってないけどというかもって上がりたくないけど・・・
富士山は○合目がたくさんあります
やっと○合目かと思ってさらに登ると本○合目とかあってへこみます
○合目詐欺です
心が折れます・・・

7合目まで余裕だったんですが・・・
7合目辺りから足元が砂と石ころになって自分の足くらいの距離登ってそれの半分落ちるを繰り返してつらかったです・・・
休みまくりですよ・・・7合目くらいから空気薄いなぁって思い始めてそれも重なって・・・
須走口の特徴なんですけどね、砂が多いのは
でもゆっくり登らないと高山病になる可能性があるので休み休み登ったほうがいいんですけどね
高山病になるとそれ以上のぼると最悪命の危険が危ない状態になりますので注意!途中動けなくなったオバちゃんいて大変そうでした
降りると嘘のように直るそうです

幸い今回は3人で登ったんですが誰一人として高山病にならなかったです

8合目・・・本八合目・・・八合目胸突・・・八合目多すぎ!
砂で登りにくいし心折れるわ!でもつづらおりになってるのが見えなくて精神的に楽だったです、昼だったら上に永遠ジグザグが見えると心折れますね・・・
というか心折れすぎですね・・・

八合目胸突きからは人気ルート富士吉田口と登山道が合流するのでツアーなど(ツアーは一番楽な富士吉田口から登る)と合流するせいで、地方の有名神社の初詣くらい混みます・・・
ぜんぜん進みません、でも高山病対策にゆっくり登るのでいいですがね
一歩で自分の足のサイズ半分くらいしか進みません、それでも空気薄いしドンドン傾斜は急になるしすぐ休みます・・・休みすぎですね!

下を見ると・・・みんなのライトが並んできれーいな状態になります
明るすぎるので自分のライトは消しました!

人が多すぎて絶対はぐれますが自分のペースで登ったほうがいいです、合流地点目決めといてね!

富士登山は自分との戦いだ!って言いますが本当でした、もくもくと登り続けます、自分の足元だけを見て!

9合目は正直どこにあったかわかんなかったです
その辺は何も考えず半分寝ながら登ってたので・・・立ち止まって写真撮る気も起こらず・・・心臓が自分でわかるくらいドキドキしたら収まるまで休むくらいです、別に恋をしたとかじゃないですよ!

9合目をすぎると岩場になります・・・もうなりふりかまわず手を使って岩をよじ登ります
そのほうが楽ですから・・・別に足でも登れますよ

そして鳥居が見えるような気がしていきなり階段になります
そこを登ると!
待望の山頂です!!!!
狛犬がいます
同行者よりだいぶ早く登ってしまったので狛犬の裏で待ってました
もう半分寝転びながら!
4時前につきました!
おめでとー!自分!

実は!須走口って5時間半が平均タイムなんですよ
だから10時から登れば余裕じゃね?とか正直思ってました・・・
登り始めた時間7時半・・・着いたのが4時前・・・8時間半かかってる!
かかりすぎじゃね・・・?8合目から混むのを抜かしてもかかりすぎかもしれません・・・へたれ♪

日の出前です
P7125029003 P7125065004 P7125073005 
どんどん明るくなってるのがわかります

そ し て ! 待望の日の出です!
歓声が上がりました
P7125090006 P7125126007 P7125136008 
下にうっすら見えるのは山中湖だと思います
夜景だと湖に沿って街明かりが見えてきれいでしたよ!
太陽の撮り方勉強してからいけばよかった・・・

雨も降らず一眼が使えてよかったです
レンズはごみが入るの怖くてもっていったけど変えなかったですが・・・

前日まで雲りか雨か霧予報だったのに雲の切れ間からご来光見えてよかったです!

P7125164009
登りきれなかった人がこんなにたくさん下でご来光見てます

P7125174010
山頂です、人が写真撮りすぎで下の方撮れない!

P7125181011 P7125189012
富士山が火山なのがわかる火口です、高さ200メートルあるみたいです

P7125195013
下山道です、ご来光見たらすぐ下る人がいるので混みまくりで、カラフルです

P7125197014
山頂の混み具合です

P7125207015
ツララがありました、夜は氷点下なんです!
ご来光待ちも寒くて寒くてたまりませんでした
それなのに実は下はジャージでした・・・
上は着込んでましたが

P7125220001
GPSロガーで高度も出るのでみたらこんな感じでした、3772メートルじゃなかったです誤差かな?
実は山頂にいっただけでは3772メートルじゃないんですねー
剣が峰という山頂にある丘?山?を登らないとダメなんですよ
それを登るには馬の背と呼ばれる急斜面登らないといけないんですがここがつらすぎました・・・登山の中で一番つらかったです・・・
急斜面すぎます
P7125221016 
そしてGPSロガーをみた日本最高峰!3772メートルの碑がある場所です

P7125225017
その辺から見える火口の底です

P7125226018 P7125227019
適当に撮った空ですがこの後山頂が雲に隠れて30メートルくらいしか視界がなかったです
もくもくです
そして本当はお鉢めぐりという富士山の山頂を一周することができるんですが、最高峰の碑から先は雪で進めなかったです
時計回りでいってなかったら最高峰いけなかったよ・・・よかった・・・
最高峰まで五合目から12000歩くらいでした

そして、とうとう下山です
須走口の下山道は砂走りといって一歩で高度が1メートル下がるくらいの急斜面の砂の道を下るので有名なんです
もちろんそんなすなすなした場所でカメラ出すなんてできなかったですが・・・

その砂走りが自分にとって鬼門でした・・・
下山まじつらかった!!!のぼりの方がまし!

トントントンとリズム良く下るんですが、つま先から降りると足の裏が靴の底にすれて痛い!すぐ座るくらいに痛い!
かかとから降りる方法で行ったんですがかかとから降りると腰に直接衝撃が来る!
ちなみに今はいたくて腰曲げれません・・・

でもその方法で降りないと降りれないし帰れないのですんげー頑張って降りました
ちなみに同行者を30分以上待たせました・・・すみませぬ!!!!
体重か!体重なのか!!!!!すみませんやせます・・・
体重が不安な人と足腰が弱い人は杖買った方がいいです
あと自分の弱点がわかりました
足首です!
水平より下にまげるとぜんぜん踏ん張れない!
下りの連続で足首がいかれました・・・
最終的に下り坂がおじいちゃんより遅い状態に・・・のぼりと普通の道はいけるんですがね

ふらふらでみんなより遅れまくって戻りました・・・途中スゲー急な一歩で3メートルは高度下がるんじゃないかって砂走りがあったんですが5回以上転びました・・・
そこでまだおわんねーのかよ!って何回も悪態つきながら転げるように降りました

でも下りは他の下山道より楽みたいで3時間かかるところ三時間半で降りました、多分三時間半・・・同行者は多分3時間かかってないと思う・・・本気でいけば・・・途中まっててくれたので、ありがとー!
下山まで15000歩でした下山は3000歩?

下山道と最高峰剣が峰登る道が一番大変でした・・・
頂上はカップラーメン700円ですコロチャーです

大事なことはゆっくり上ることと
体温を風で奪われない!スゲー重要です
体温が奪われるとあんなに体力落ちると思わなかった・・・
ご来光をジャージで見た後にレインウェアを着たんですが体力回復したくらいですしね
ツアーで登るのもやめたほうがいいと思いました、自分のペースが作れなさそう

適当に思いついたことをかいた富士山の話は終わりです
今サロンパス24枚くらい張ってます、ひらめ張りとか介の字張りを本当にやると思わなかった・・・
腰が痛くて痛くて・・・
あと体中から砂が出ます・・・クロコダイルです

さっきまで爆睡してました

そういえば体重は変わらなかったですが体脂肪が3%以上落ちました
20%切ったよ!またすぐ戻ると思うけど・・・

登った実感はまったくありません・・・疲労のみが残りました・・・
でも自分たちより疲れてる人なんていなかったのでみんなすごいね!!!!俺ダメだね!!!!
雨が降らなくて本当によかったです
あの疲労感で雨降ってたらどうなってたことか・・・それこそ修行です

富士山は登るより眺めるのがいいって名言あるけどその通り!

↓楽しいような気がしたらクリックしてください!ランキングです
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ 人気ブログランキングへ

« 気になるSNS | トップページ | HOLUX GPSport 245 Sport GPS GR-245 GPSロガーについてその2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

富士山登頂おめでとう!
いきなり須走口から登るとはチャレンジャーですね。
実は自分、過去4回登ってますが、そのいずれも新宿発の夜行バスで、
もっともポピュラーな河口湖口からのスタートです。
それにしても、天気抜群に晴れていたようで羨ましい限りです・・・。
うおーっ!血が騒ぐ!俺もまた登ってこようかな!

>からすさん
ありがとうございます!
やっぱ須走からはチャレンジャーですか・・・混むのが嫌なのと砂走り走ってみたくて・・・その砂走りは自分にとって最悪でしたが・・・
天気は奇跡でした!雲もなく、今天気見たら下山始めた6時からちょうど雲に隠れ始めたみたいですね、確かに下山して富士山見上げたら雲で隠れてました
からすさんなら登ってると思ってましたが4回も登ってるとはすごいですね!つぎはぜひちがう登山口から!
砂走りはスパッツ必須です!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185741/30521116

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者がっ!富士山をっ!モクモク登るっ!:

« 気になるSNS | トップページ | HOLUX GPSport 245 Sport GPS GR-245 GPSロガーについてその2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

ランキングサイト

  • にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
  • 人気ブログランキングへ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ